イメージ

※画像はイメージです。

会期:2020年10月1日(木)〜31日(土)

場所:

・未来日本酒店EBISU-MITSUKOSHI

・未来日本酒店&SAKEBAR(渋谷パルコ)

  

未来日本酒店EBISU-MITSUKOSHIおよび、未来日本酒店&SAKEBAR(渋谷パルコ)の2店舗におきまして、10月1日(木)~31日(土)の期間、千葉県多古町・岩手県宮古市・岩手県紫波町の3つの町の自慢の返礼品の日本酒と美味しい酒の肴をお楽しみいただけます。

 

【千葉県多古町】

千葉県多古町はミネラル豊富な土壌と栗山川の水が育み受け継がれてきた土地でもあり、伝統のおいしさの多古米はブランド米としても有名です。地元多古米こしひかりを100%使用した日本酒「多古舞」と「多古錦」をふるさと納税返礼品として扱っており、今回お楽しみいただけます。「多古舞」は、深みのある旨味の特別純米酒で、なめらかで芳醇な香りの日本酒です。「多古錦」は、辛口なのに甘ささえ感じる本醸造酒で、そのままでもお燗でもお冷でも、お好みの飲み方で楽しめます。日本酒に合った多古町特産は、元気豚を使ったロース味噌漬けと煮豚、元気豚の旨味がたっぷり詰まった肉焼売、そして強い粘り気と豊かな風味の多古産やまと芋がお楽しみいただけます。

多古町ふるさと納税サイト

 

 

岩手県宮古市】

岩手県宮古市は、ダイナミックで美しいリアス式海岸の景観を持つ自然豊かな歴史あるまちです。その宮古市で創業170年の老舗菱屋酒造店の大吟醸「千両男山 大吟醸 鴻」と「千両男山 特別純米酒」をお楽しみいただけます。「千両男山 大吟醸 鴻」は宮古で170年間流れ続ける湧水を源に、熟練の南部杜氏が醸した華やかな香りと旨みふくらみがしっかりしたバランスの良い美酒です。「千両男山 特別純米酒」は芳醇な香りと控えめながら落ち着いた味の品で、すっきり華やかでぐびぐび飲める日本酒です。宮古市自慢の三陸の海の幸もあわせてお楽しみいただけます。

宮古市ふるさと納税サイト

 

 

【岩手県紫波町】

岩手県のほぼ中央に位置する紫波町は南部杜氏発祥の地です。冬季には、氷点下10度以下まで気温の下がる厳しい気候条件のもと酒造りに励む紫波町の4つの酒造からそれぞれ自慢の酒が参加。吾妻嶺酒造店は、地元名峰東根(あずまね)山の名を戴く代表銘柄「吾妻嶺」純米吟醸美山錦を、月の輪酒造店は、米・酵母・麹菌全て岩手県産の控えめな香りとほどよい甘みの純米吟醸「月の輪」を、廣田酒造店は、米の旨みにこだわった醸造法『酸基醴酛(さんきあまざけもと)』でつくられた純米吟醸「廣喜」を、高橋酒造店は、 仕込水に奥羽山系伏流水を使い、地元岩手県産米にこだわった純米大吟醸「堀の井」をそれぞれお楽しみいただけます。紫波町は町全体で酒造りを応援、ポータルサイト『ツギヒト』https://tsugihito.net/ も是非ご覧ください。

紫波町ふるさと納税サイト




 



渋谷と恵比寿の未来酒店店頭でふるさと納税返礼品の味をお楽し見ください。

ご来店、心よりお待ちしております。